FC2ブログ
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

排尿処理~イラマチオ

<2015.10.2>
mayu002_20131020224351eff.jpg


ビールをたっぷりと飲んだ後の排尿。

繭をバスルームに連れて行き、正面に座らせる。
亀頭の先端から、飛び出す聖水は、
ビールの匂いがきつい。
それを、繭の胸にかけ、
乳房にも浴びせる。

ma528.jpg


そのまま、ほとばしる滴を口元にかける。
一瞬、むせるような表情を浮かべる繭。

ma529.jpg


そのまま、続けて、口に注ぎこむ。

全て出し切った後は、
お掃除フェラだ。

ma530.jpg


残りを吸い出すように、しゃぶるよう指示し、
繭は、必死で肉棒に吸いついていく。



そして、そのまま、イラマチオへ移行だ。
喉の奥深くまで肉棒を突き刺すと、
繭は、これが苦手で、すぐにむせてしまい、
肉棒を口から出してしまう。

もちろん、そうなるのが普通だ。

口から出した後、後頭部を押さえつけ、
また、喉奥まで突き刺していく。
そして、そのまま押さえつけ、
繭のもがき具合を見て、解放する。

ma531.jpg


これを何度も繰り返していくと、
胃液混じりの嘔吐物が溢れてくる。
肉棒は、ねばねば液で、どろどろになる。

ma532.jpg


ドロドロ状態の繭の口の中で、
肉棒には何とも言えない刺激が伝わる。

最高のイラマチオだ。






スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

 

アナルプラグ調教

<2015.10.7>
mayu002_20131020224351eff.jpg



いよいよ会社でのアナルプラグ挿入指示だ。
先日、アダルトショップで、繭自身に買わせたアナルプラグ。

会社に、プラグとローションを持っていくよう言いつけ、
あえて、出社後に社内トイレで尻穴にはめこむ、という
羞恥命令をした。

そして、アナル挿入前に、制服姿でプラグをもった写真と、
挿入後の写真を撮影することも、、、


ma533.jpg


ma534.jpg


夕方になり、感想を聞くと、
違和感や、抜けてしまわないか、という心配で
意識がお尻にばかりいき、落ち着かなかったようだ。

「アナルプラグを尻穴にはめながら仕事をしていることが、他の社員に知られたら、恥ずかしいだろうね~」

「そんなことが知れたら、もう、会社にはいられません・・・」




翌日は自宅でアナルプラグをはめ、出勤するように命じた。
それはそれで、恥ずかしい思いをすることになる。

翌々日も、挿入命令。
違和感とお尻の外側が擦れて少し痛痒くなっているようだった。

「挿入状態を見たいから、スマホにまたがって写真撮影しなさい」

そして、送られてきた写真。

ma535.jpg


プラグのストッパー部分を見ると、前後が逆になっている。
ちゃんと教えなかったこともあり、前後があることは分かっていないようだった。

アナルプラグは、明日からも、毎日装着するように命じた。


一週間が過ぎたころ、繭から、
「少し、変色してきてしまいました・・」
というメールが来たので、写真撮影するように言った。

ma536.jpg


確かに、変色している。
尻穴の中で、繭の恥ずかしいものが付着してのことだろう。
この感じだと、匂いも、かなりこびりついているのではないかと、、、思う。


その後も、アナルプラグ装着は続けさせている。
匂いも色もたっぷりと付いてしまっていることだろう。
もう少し経過したら、また、写真を撮らせるつもりだ。

そして、そのうちまた、アダルトショップに連れて行き、
新しいアナルプラグを買わせようと思っている。

その時は、古いアナルプラグは不要になるので、
わざと会社付近か自宅付近に置かせたり、
あるいは、誰かにプレゼントするのもいいかもしれない。


 

SMホテル

<2015.10.13>
mayu002_20131020224351eff.jpg


繭にとって、初めてのSMホテル体験。
入室前の、ロビーの異様な雰囲気だけで、少し興奮しているのが分かる。

そして、入室。
十字架の拘束具、
頑丈そうな梁やフック、吊り上げ具に、驚きと興奮が隠せない。

ma537.jpg

ma538.jpg


僕はソファーに座り、
繭を目の前に立たせ、着ているものを一枚ずつ、脱いでいくよう命じた。
カーディガン、ワンピース、キャミソール、ブラ、、、
パンティだけは、そのまま。

そして、四つん這いにさせ、頭を下げさせる。

ma539.jpg


四つん這いのまま、こちらに向かってくるよう命じ、
むき出しになっている股間への奉仕だ。

ma540.jpg


竿をしゃぶらせ、玉袋を舐めさせ、
裏筋を舌先で舐めさせる。

「もう、お●んこを濡らしてそうだな」

恥ずかしい問いに、無言でうなづく繭。

奉仕をさせながら、卑猥な言葉を浴びせ、
羞恥心をあおぎ、感じさせていく。


「さあ、では、お●んこの濡れ具合をチェックするぞ」
「こちらに、尻を向けなさい!」


そして、パンティをゆっくりと、ずり下げていく。

思った通り、パンティの割れ目には、
べっとりと、繭の淫乱汁が、、
染みている、というよりは、
溜まっている、という方が正しいだろう。

ma541.jpg


そして、割れ目からも溢れた汁が、
糸を引いて付着している。

垂れている愛液を取り除き、
そのあと、尻をじっくりと撫でまわしていく・・・
繭は、尻をクネクネと動かし、喘ぎ声が漏れる。

やがて、新たな淫乱汁が割れ目から垂れ始め、
すーーっと、滴になっていく


ma542.jpg


ほんとうに、いやらしく、卑猥な淫水だ。

備え付けの道具があったので、
お仕置きとして、繭の尻叩きをすることにした。

ma543.jpg


部屋の中に、いい音が響き、
繭の尻は、徐々に赤らんでいく・・・





 

吊り緊縛

<2015.10.18>
mayu002_20131020224351eff.jpg



着衣ノーブラでの乳房緊縛。
そして、乳首への洗濯ばさみ責め。
洗濯ばさみを指ではじくと、
繭から苦痛の喘ぎが漏れる。
しばらくすると、口は半開きになり、
目がうつろになっていく・・・

ma544.jpg


後ろ手縛りの縄を梁にあるフックに掛け、
腰にも麻縄をまわし、これもフックに掛ける。

ma545.jpg


さらに、太股と足首に麻縄をまわし、
一気に吊り上げる。

繭は初めての全身吊りに
落ちてしまうのでは、という不安も感じているようだ。

ma546.jpg


体の力を抜き、縄に身を任すように言い、
縛り縄がしっかり固定されていることも言いながら、
安心させていく。

ma547.jpg


硬くなっていた体は徐々にほぐれ、
恐怖と苦痛の表情も変化していく・・・



ma548.jpg


そして、しばらく、ビールを飲みながら、
吊り姿を、じっくりと楽しむ。




 

糸を引いて垂れる淫水

<2015.10.22>
mayu002_20131020224351eff.jpg



全身吊り緊縛の後は、片脚吊り。
そして、スティックバイブを挿入し、縛って固定する。
バイブは唸りを上げながら、グルグルと動き回る。

ma549.jpg


バイブを手で出し入れすると、
繭からは、喘ぎ声・・・

乳首部分の服を切り取り、
乳房をもみ、乳首に吸いつくと、
喘ぎ声は、さらに大きくなる。

そして、乳首への洗濯挟み責め。

ma550.jpg


苦痛を感じながらも、
同時に快感も感じている、複雑な表情だ・・・

しばらく、この状態のまま、
繭の羞恥な姿を楽しむ。

洗濯挟みの苦痛よりも、
痛みと縄とバイブの刺激が、
快感となり、淫靡な表情に変化してくる・・・

長い時間が経過したので、
吊り足を左脚から、右脚に変える。
スティックバイブの縄をほどき、
お●んこから、ゆっくりと、引き抜いていく。


想像通り、繭の淫水がバイブに絡み、
糸を引いてくる。
バイブに絡め取るが、
割れ目から垂れた淫水が卑猥に揺れ動く。

ma551.jpg


バイブをお●んこの中で出し入れしたため、
淫水は無色透明ではなく、やや白濁している。

せっかくなので、ややアップ写真で見ていただこう。
ネバネバ具合が、いやらしく、卑猥だ。

ma552.jpg


「凄い、お●んこ汁だな~!!」

わざと卑猥な言葉を浴びせ、羞恥心を掻き立てる。

「う、う、うっ・・・」

そんな呻きしか言葉にならない繭。



さらに、服を切り裂き、
乳房をむき出し、
フェロモンを発している脇の下も露わにする。

ma553.jpg



割れ目からの淫水は、垂れ流れたままだ。

鏡に映った自分の姿を見せ、
さらに、恥辱と羞恥を感じさせる。

体を縄にあずけ、
口は半開きになり、
うつろで、朦朧とした表情になっていく。



 

羞恥買い物~磔~尻への鞭打ち

<2015.10.30>
mayu002_20131020224351eff.jpg


休憩のため、コンビニへビールを買いに行かせることにした。
もちろん、普通の買い物ではなく、
ノーパン、ノーブラで、薄手のワンピース1枚だけの服装。
さらに、乳首の突起が分かるように、
輪ゴム締めしての外出だ。

ma554.jpg


帰ってきて、報告を聞く。
ちょうど昼休み時で、たくさんのサラリーマンがいたようだ。
そして、かなり、じろじろと見られたらしい。


「さあ、じゃあ、大勢の男に見られ、あそこがどうなっているか、濡れ具合を見なくては・・」

十字架に磔だ。

ma555.jpg


そして、ワンピースの裾をまくり上げ、
下半身を晒した姿にする。


ma556.jpg


買って来たビールを飲みながら、
磔になった羞恥姿を、少し離れた所から見て、楽しむ。

そして、繭に近づき、割れ目に指を触れ、
濡れ具合を確かめる。
思った通り、たっぷりと濡れている。

「男の視線を浴びながら、こんなに、お●んこを濡らしてたのか!」

「恥ずかしい姿で買い物に行ってきたことと、
いやらしく濡らしてしまったこと、
そのご褒美をあげなくては、だな」


そう言って、繭を後ろ向きにして、
十字架にはり付ける。

そして、尻を剥き出しにする。

ma557.jpg


尻を、ゆっくりと撫で、さすっていく・・・
割れ目に指を這わせ、
アナルにも、ゆっくりと這わせ、
その指の匂いを嗅ぐ。

「いやらしく、恥ずかしい匂いがしてるな」

「だめです、、、嗅がないでください・・」

「さあ、じゃあ、ご褒美をあげるとするか・・・」

そう言って、バラ鞭を手にし、
繭の尻に這わせる。

ma558.jpg


尻を打つ鞭の音が響き、
繭の苦痛の声、呻き声、喘ぎ声が、漏れ始めていく・・・




 
FC2ブログランキング

bmayu-003.jpg

プロフィール

ある

Author:ある
都内勤務、埼玉在住の50代既婚です。

着衣緊縛や下着緊縛、緊縛に興味ある方からのメール等、歓迎です。

カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
FC2ブログランキング

rank501.jpg

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新コメント
QRコード
QRコード
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。